教育ビジネスの成功、その特色を押さえた起業法をお教えします。

>

起業はゴールではなく、スタートです。

経営管理

起業後はそれこそ現実です。
運用する事業をどう管理していくかが、今後の成功の重要なキーとなります。
財務分析(安全性、収益性、効率性、生産性、成長性など)や会計管理は基本中の基本です。
そして労働時間管理や労務管理(社内規程(就業規則、賃金、通勤手当、育児休暇等)その他複行うことが雑多岐に亘ります。
さらに、組織の通信簿である決算書作成も忘れてはいけない重要項目です。
また、税金関連であれば、青色申告の基礎知識や原価償却の考え方についても把握しておくことが必要です。
これら多くの項目は、専門性の高い知識が求められますので、それぞれ会計士や社労士など外部人材を活用されることが多いです。
経営管理という観点では実務よりは全体状況の把握を常に意識することが求められます。


マーケティングと人材育成

起業後の成長にマーケティング戦略は都度段階に応じた変更を加える必要があります。
教育ビジネスのマーケティングについても、外部要因であるホットイシューやニーズ動向をキャッチし、マーケティング手法や価格設定、顧客動向などの情報収集を行いながら、事業運用に結びつけていく必要があります。
特に今日では、ウェブやワントゥワンマーケティング手法もうまく取り入れていけるとよいでしょう。
また、教育ビジネスである以上、従業員である教員や事務員への人材育成についても、
個々のキャリアパスにも着目しながら進めていく必要があります。
OJTのほか、教育訓練給付制度を活用した人材育成を行い、質の高いパフォーマンスにつなげていくことが必要です。



TOPへ戻る