教育ビジネスの成功、その特色を押さえた起業法をお教えします。

>

いざ起業!どんなことに注意が必要ですか?

計画の立案と策定

教育ビジネスに関しては、公共性との関連度合にも深く関連します。
独立スタイルを法人(公益法人、NPO法人も検討要素)、または個人事業なのかを選ぶ必要があります。
そこから、事業計画、方向性、採算性を網羅した基本計画に基づいた事業計画書を作成
します。
特に、事業性の検討を行う上では、開業資金と運用資金を自己資金とするのか、金融機関からの融資に頼るのか、はたまた政府からの助成金も活用するのかなど、行う事業内容の性質に応じて、活用できる資金源にも大きな違いがあります。
特に、金融機関とのつながりは、事業を遂行する上で、定期的な返済や、担当者への報告等で事業運用に大きく影響を及ぼす組織となります。
よりよい信頼関係の構築に努めてください。

物件確保と資金計画

どのようなビジネスを展開するにせよ、事務所の開設は必須条件のひとつです。
教室等のスペースを自前、またはリースやレンタルで運用するのかについても運転資金との兼ね合いで非常に重要です。
特に利用価値の高い物件であるか否かはもとより、そもそもの背景(例えば、塾経営なら、学区や世帯所得に応じた可処分所得やその地域における教育水準の傾向)についても把握しておくことが必要です。
また、必要に応じて人の雇用(事務員や指導員)することで面接対応や契約行為が発生します。また集客に向けた宣伝、広報の進め方や開業までの期間に関係者への人脈構築など、適切なタイミングでひとつひとつ確実に準備を進めていくことが必要になります。


TOPへ戻る