教育ビジネスの成功、その特色を押さえた起業法をお教えします。

>

教育ビジネスで起業をするということ

起業の必要性と適正

教育ビジネスを起業したいのであれば、考えるポイントは2つです。
一つ目は、その起業が社会に必要とされる課題であるかです。
そしてそのことを本当にあなたが起業する必要があるかです。
扱う課題に対して、事業の方向性、課題やリスク、その対処法をどの段階で十分にイメージできているかが求められます。
また、自身の人生計画にこの企業がどう位置付けられていて、関係者(会社や家族など)からも十分に理解が得られているかも重要なポイントです。
もう一つは、上記の必要性に対して、自身に適正があるのか、遣り甲斐は十分に感じられるかです。
起業するということは、アイデアの具体化だけでなく、法的、事務的な地道な作業も同時並行で進めていくことになります。

アイデアの具現化と業界知識

まずは教育ビジネスにおけるアイデアをどう発想し、創出させていくかの作業を行うことになります。
教育は扱う内容によっては、収益モデルの構築が成立しにくい問題を抱えていますので、
通常行われる起業が提供する商品での収益モデルだけでは十分な参考事例にならないことを認識して下さい。
また、事業内容によっては商品はモノであるよりは、ヒトそのものが対象となりますので、特に注意が必要です。
教育ビジネスにおける業界知識もしっかりと把握しておくことが肝要です。
文部科学省や経済産業省といった政府、または地方自治体における教育及び経済状況とその動向は、起業そのものの成功及に直結します。
さらに、地域ごとで教育行政に携わる政治家や有力者の意向や動向も留意しておいて下さい。


TOPへ戻る