教育ビジネスを起業する際に抑えておきたいポイント

教育ビジネスの成功、その特色を押さえた起業法をお教えします。

教育ビジネスで起業をするということ

今の日本では、以前と比べて比較にならないほど、起業する人口が増えました。 IT企業を中心に、大企業にまで成長した母体もあります。 その反面、星の数ほど起業した多くは、5年はおろか1年も継続できず、失業や倒産に追い込まれています。 ここでは基本的なポイントに触れてみましょう。

いざ起業!どんなことに注意が必要ですか?

起業するこということ自体は、資金面への条件が随分と緩和された経緯もあり、比較的設立は容易になりました。 その反面、様々な理由で1年未満で廃業するケースも後を絶たないのが現実です。 こちらでは、起業するということそのものへの注意点をご紹介していきたいと思います。

まずは考えよう!起業してもいいのですか?

教育ビジネスを起業すると一言で言っても、教育業界は非常に幅が広いです。
幼稚園から高校までの公教育機関を対象としたもの。
公教育を補完する学習塾や予備校などの学習支援機関。
社会人対象にした語学、資格その他のカルチャースクールといったもの。
そして企業向けの社員研修などを提供するもの。
など主に対象によってその形態を考えていく必要があります。
まず、考えることは教育を素材にビジネスを本当に希望しているのかどうかです。
成功例を参考に本当に自身が取り組みたい内容なのか、設立資金がどの程度になるのかを見極めなければなりません。
また、教育ビジネスには、他のビジネス以上に大きな特徴があります。
モノの提供による付加価値以上に、提供するモノやサービスを受けた対象者の満足度、成果へ重点が置かれている点です。
さらに、教育ビジネスの成功において、業界でのホットイシューや、関連業界との連携にも常に目くばせしていく必要があります。
特に、ニーズそのものについても、他の起業同様に留意しておく事柄です。
こどもに期待する両親や家族のニーズ。
学校教育現場で起こっている問題をひとつのサインとして認識する問題意識。
そして、政府の教育方針で言われる入試改革への動向への情報把握意識。
起業したい内容がどの分野でのニーズと関連するのかにも目くばせしておくことが必要です。
当コラムでは、段階ごとに教育ビジネスの起業へのポイントをご紹介します。

起業はゴールではなく、スタートです。

起業までの道のりは、申請の敷居こそ下がりました。 ですが、準備段階で様々なことを対処していくと開業そのものがゴールのような錯覚を する方が少なからずいます。 起業してからが本当のスタートです。 ここでは起業後に行うポイントをお伝えしていきたいと思います。

TOPへ戻る